すまいよみ 良いマンション選びを支えるブログ

東京イースト在住。2007年に最初のマンションを購入してから失敗を重ね、結局3回もマンションを買い替えました。 すまいよみは『後悔しないマンション選び』を支援するブログです。

マンション購入で気をつけたい事(リビングダイニング①)

今回は、リビングダイニング=LD(以下、リビングと記載)について。

 

リビングは、1日の生活時間の中で、寝る時間以外に、食事をしたり、趣味の時間や家族での団欒を楽しんだり、住まいのなかでも中心的な部屋ですから、検討時においては、重要視する人が多いかと思います。

 

リビングだけでも気をつけたいポイントは何点かあるので、今回は『広さ』について、ファミリータイプのマンションを購入する際、一般的にどれくらいの広さがあれば良いのかという事と、その上で、部屋の広さを表す㎡や帖数だけで判断して後で後悔しないように、マンション間取り図の見方における注意点をお話ししたいと思います。

 

リビングの広さって、どれくらい必要?

リビングの広さは、どれくらい必要でしょうか。人それぞれ価値観は違いますから、あくまでも一般的な話をします。

 

生活するうえで、何が必要でしょうか。食事をするダイニングテーブルがまず必要ですね。1,200×800くらいのダイニングテーブルの大きさと、椅子4つが一般的でしょうか。それとソファ。2,3人座れるソファとして、長さ1,500~2,000くらい。それと、ソファの前に置くローテーブル。例えば1,000×600など。そしてテレビ台。およそ、こんなものかと思います。家具の配置や部屋に見合った家具の大きさのバランスなどは、またあらためて別途書きたいと思います。

 

これはあくまでも一般的なファミリー層が住んだ時の配置です。もちろん、ダイニングだけの人もいれば、ローテーブルはいらないとう人もいるでしょうし、テレビを置かない人もいるでしょう。

 

そうした時に、リビングは、最低12帖は欲しいなと思います。なんとなく物件の間取りでも、12帖が目安として意識されている気がしますね。

 

とにかく休日は絶対に家にいないで出かけるので、駅近物件優先でリビングなんて10帖で十分と思う人もいれば、僕みたいに出不精で家でゆっくり生活することに価値観が置かれるのであれば、14帖は欲しいと思う人もいるでしょう。

 

そこは、前回もお話ししたように、物件に対する価値観の優先順位付けです。

 

リビングに12帖は欲しいというのは、あくまでも一般的な目安です。

 

間取り図を見る上で気をつけるべきポイント 

さて、人によって、色々なモデルルームを見たり、友達家族のお部屋を見たり、リビングは何帖くらいでいいかなと想像していたとします。

 

その上で、これから述べていくことは、リビングの広さを計る上で注意すべきポイントです。

 

およその家具の配置や生活観を想像して、例えば12帖は欲しい、いや一般的な12帖では手狭だから、13帖以上は欲しいと思い描いていたとします。

 

大手マンション物件は特に、実際の部屋を契約決定時以前に見ることが中々できません。

 

ですから、中古物件ではなく新築分譲マンションについては、モデルルームを見た上で、物件の間取り表を見て自分の部屋を決めることが多くなります。

 

その時に注意すべきポイントをこれから書いていきます。

 

間取り図におけるリビングの帖数 

以下の図①を見てください。

 

f:id:murakoshi5:20170705195331p:plain

(↑図①)

(※帖数は、分かりやすくしたもので、実際の尺度とは違います。見方の参考にして下さい)

 

よくあるタイプの間取りを例にとってみました。

 

間取り図上、12帖ですね。

 

赤い部分は床暖房を示しています。近年の分譲マンションにおいて、ほぼ床暖房は標準装備です。

 

ここで、その赤い部分を12帖とは言いません。それはおよそ「赤い部分は床暖房設置部分」と注釈が付いていますから間違わないとは思います。ただ、なんとなく床暖房のスペースがリビングで暮らすスペースとして12帖とイメージ付けされやすい図ですよね。これが、我々が不動産屋より見せてもらう間取り図として一般的です。

 

次に、下の図②を見てください。

 

f:id:murakoshi5:20170705195447p:plain

(↑図②)

 

緑の部分は実際のリビング占有面積を示しています。

 

どこがリビングと他の境目かというと、リビングに入ってくる扉の内側と、キッチンから見て天板とそのラインの外側がリビングの専有面積(帖数)になります。

 

左図が図①を実際に12帖がどこかを示したもの。生活に使用できない廊下みたいなデッドスペースが含まれてしまっています。

 

僕は、当初、まさかこの部分がリビングの帖数に入っているとは思いませんでした。だって、リビングって、食事したり人が団欒したりと、生活するスペースですよ。でも、色々なマンションの間取り図をずっと見ていて、同じ帖数でも、なんか広さが違うなと定規で測ったり、上図でいうと、洋室3の5.0帖と比べて、リビング12帖本当にある????と、ようやく気がついた次第です。

 

次に、上図②の右図を見てください。もしリビングのドアをこの位置に設置したら、実際のリビング占有帖数は、10.5帖になります(尺度はおよそです)。

 

デベロッパー、いや同じデベロッパーでも物件によって、左図のような部屋、右図のような部屋が混在しています。

 

何故、このようなことになるのでしょうか。

 

部屋の帖数をかせぎたいからでしょうか。

 

それともドアの設置に関する建築上の問題でしょうか。

 

あまり悪意を感じたくはありませんが、例えば、デッドスペースがない12帖をイメージに持っていて、12帖を探している際に、この間取り図だけで判断する場合、注意を要します。

 

入居してから後、「あれ、12帖ってこんなに狭かったっけ?イメージしていた家具おけないじゃん。」になってしまいます。そこで、また友達に聞きます。「お前の家、リビング12帖って言ってたよな」

 

間取り図まで友達に見せてもらったら、デッドスペースがない12帖でした。

 

後の祭りです。

 

下図③のように、同じ12帖の間取り図を左右見比べてください。

f:id:murakoshi5:20170705195600p:plain

(↑図③)

 

右が、友達が住んでいる12帖の部屋ですね。

 

実際のリビング占有面積が以下の図④です。

f:id:murakoshi5:20170705195829p:plain

 

(↑図④)

右図の部屋は、リビングにおいて、デッドスペースがほとんどない12帖です。

 

同じ12帖でも、このように間取り図の見方に気をつけたいです。

 

もちろん右図のような物件を選びたいですね。

 

今思えば、私も、2回目のマンションのリビングは14.2帖でしたが、上記の理由によりモデルルームの13帖のリビングと比べて狭かったよなと確かに感じていました。

 

ということで、

 

リビングダイニングを見る際、モデルルームの帖数、友達の部屋の帖数などを見て想像していた部屋の広さと、自分が買い求める部屋の広さは、実際に生活できるスペース、広々感は違うので、よく実際の部屋や間取り図を見てください。

 

というお話でした。

 

ちなみに、この間取り図、自分でしこしこエクセルで作りました。誰に言われるでもなく、気がついたら夢中で作っていました。好きこそ何であれですね!誰かに褒めてほしいです!(笑)

スポンサーリンク