すまいよみ 良いマンション選びを支えるブログ

東京イースト在住。2007年に最初のマンションを購入してから失敗を重ね、結局3回もマンションを買い替えました。 すまいよみは『後悔しないマンション選び』を支援するブログです。

見事!美事!部屋の間取り図を作成できるようになりました!

f:id:murakoshi5:20171206224501j:plain

先日、間取り図作成のソフトを購入しました。これがもう・・・ほぼ完璧!!!!、思い通りに間取り図が書けたので、今日は最高に気分が良い1日となりました!!(変な奴)。というわけで簡単ですが、間取り図が書けた喜びをお伝えしたいと思います。

 

間取り図、独自作成の問題点

とにかくマンションの間取りが大好きで、毎日毎日検索して見続けている僕ですが、ブログを書き始めてから、間取りについては、以下の図のようにエクセルで独自作成していました。

f:id:murakoshi5:20171206224620p:plain


これでも、間取り図らしく綺麗に見えるよう、頑張って作業していたのですが、うーん、やっぱりね・・・、問題点は以下でした。

・手作り感満載
・時間がかかる
・表現力にかける
・設備や仕様などの表記に限界がある
・故にワンパタンになってしまう
・縮尺や広さがおよそになってしまう
など。

 

そこで、途中から、やっぱりブログやるんだから、人様の画像を引用することも制限があるし、自分でしっかりした間取り図を作らなくてはと思い立ち、3つのフリーソフトを使用してみました。ケチですよね。2つはPC上、1つはスマホ上でした。

 

結果、ちゃんとした間取り図を作ることはできませんでした。きちんとまっすぐな線が引けなかったり、部屋と部屋の間をうまく接着できなかったり、ちょっとした変形な部屋を作成できなかったり、操作性が抜群に悪かったり・・・・。だったら、エクセルのほうがマシかなと。


そんな矢先、ヤホーで「間取り図作成ソフト」を検索していたら、ある人のブログで、「CADとか高額な専門ソフトを使用しなくても、数千円の出費で、ほぼ完ぺきな間取り図が書ける!」というレビューを見つけたのです。

 

間取りっど5!!!

ということで、ワラにもすがる思いで、僕が購入したソフトはこれです。4,000円前後でした。 

間取りっど5

間取りっど5

 

これが当たりました!もうほぼ完璧です。ブログのレビュー通りでした。以下、チラッと簡単に良いところを。

・操作性が抜群!
・左右クリックのみで、ほぼすべてが書ける!
・修正、追加、追記、削除などがしやすい!
・下絵なぞりモードで、あっという間の複製!
・なので、部屋の大きさ、縮尺もばっちり!
・部屋の境、壁が自動で接地し、ピタリと収まる!
・トリッキーな形状もクリックのみで一発作成!
・設定で色、大きさなど、いかようにもできる!
・壁厚、線の太さも変えられる!
・細かな設備表記もほぼカバー!

などなど。

 

もちろん、自分でオリジナルな間取りをゼロからいくらでも作れますが、僕の主な目的は、好きなマンションの間取りを見て感動しては(?)紹介したりすることなので、簡単ではありますが、マンションの平面間取り図を真似て作成する手順は以下です。

 

① 下絵なぞりモードにして、間取りの元の画像を張り付ける。

貼り付けた下絵に沿って、住戸全体、LD、洋室、洗面室など、それぞれの部屋の枠組みだけを上から描いていく。簡単です。左右クリックのみで、どんどん作れます。

f:id:murakoshi5:20171206225232p:plain

 

② 住戸、部屋の枠組みができたら、元の画像である下絵をはずして隣に置き、それをもとに見ながら、ドア、柱など細かな仕様を描き足していく。

これも、それぞれのモードを使用しながら簡単。

f:id:murakoshi5:20171206225427p:plain

びっくりするのが、表現したいことがどうしてもできない・・・ということがないのです。大体のことは思い通りにできてしまう。ほとんどストレスフリーです。

 

というわけで、こんな珍しくてトリッキーな住戸の間取りも思い通り簡単に出来上がりました!!!

f:id:murakoshi5:20171206225647p:plain

個人的には、98%の出来!!十分すぎるくらいの満足感です!あとはこれから、色や線の太さ、表記などを個人好みにカスタマイズしていくだけです。

 

僕みたいに、間取り図を趣味で作成している人はほとんどいないと思いますが・・・、『間取りっど5』おススメです!

スポンサーリンク