すまいよみ 良いマンション選びを支えるブログ

東京イースト在住。2007年に最初のマンションを購入してから失敗を重ね、結局3回もマンションを買い替えました。 すまいよみは、『後悔しないマンション選び』を目的としたブログです。

駅から遠いハンデがあっても、住んでみたい最大手のガッチリマンション!(江戸川区)

 

f:id:murakoshi5:20180502225812j:plain

駅から遠いハンデを居住者に背負わせない見事なガッチリマンションを見つけました。さすが住友不動産!最大手の真骨頂が見て取れます。

東京都江戸川区の駅遠マンション!

前回の記事で、駅から遠いマンションの選び方について書きました(以下参照)。

www.takenote1101.com

例えば、こんなマンションでしたら、周辺環境やマンションのコンセプト、管理体系などもしっかりとしていて、僕が住むとしたら、将来的にも様々な側面から安心だと思います。

 

マンション概要

東京都東部、隅田川を越えて、旧中川沿いに建つ567戸という4棟からなる大規模マンションです。

f:id:murakoshi5:20180413152250j:plain

f:id:murakoshi5:20180413152338j:plain

アクラス
東京都江戸川区平井7丁目

JR総武線「平井」駅徒歩15分
14階建て567戸
分譲:住友不動産
施工:前田建設工業
築年月:2010年1月

 

駅までのシャトルバス

f:id:murakoshi5:20180413152447j:plain歩けば15分かかるJR総武線平井駅を往復しています。朝、8時台、沢山のサラリーマンが乗っていました。築8年経っても、マンション共用サービスのシャトルバスは管理破綻せず、しっかり運行されています。


物件前にバス停

f:id:murakoshi5:20180413152520j:plain物件前にバス停があり、シャトルバスだけでなく、近隣への移動手段を確保してくれます。

駅まで平坦な徒歩経路

f:id:murakoshi5:20180413152604j:plain駅まで平坦な道のりで気持ちよく歩けます。昼間は近くにLIONの事業所があることからビジネスマンの往来もあり静かすぎず、住宅街なので夜も安心だと思いました。

 

都心までのアクセスの良さ

f:id:murakoshi5:20180413152741j:plain徒歩15分のJR総武線平井駅」から秋葉原まで直通10分、東京駅まで1回の乗り換えで15分ほどと都心までのアクセスが良いです。

 

駐車場が充実

f:id:murakoshi5:20180413152808j:plain

月々1万円以内の自走式の駐車場で車の出し入れも面倒でなく、将来的な管理も安心です。1階は駐車場付き住戸もあり、戸建感覚でとても便利だと思いました。

 

敷地内にコンビニ、周辺に大型スーパー

f:id:murakoshi5:20180413152838j:plain敷地内に「ヤマザキデイリーストア」があるので、便利ですね。外部からの利用もできますが、マンション住人だけの入り口もあるらしいです。こちらも築8年経ってもしっかり営業されていました。また物件近くには、大型食料品スーパーや「しまむら」があります。

 

東京都心から10km圏内にもかかわらず、緑豊かな周辺環境

f:id:murakoshi5:20180413152913j:plain何といってもこの物件の魅力の一つです。東京駅10km圏内に位置し、徒歩圏内で東京スカイツリータウンまで歩けるくらいの都心に近い環境でありながら、マンション周辺は自然豊かな恵まれた環境にあります。f:id:murakoshi5:20180413160108j:image川沿いは遊歩道が整備された開放的な環境で、子供たちが元気に走り回っていたり、高齢者にとっても散策の良いスポットになっています。

f:id:murakoshi5:20180413152936j:plainカヌーの乗り場もあり、若者がアクティブに楽しんでいました。都心の近くにいて最高の自然環境。唯一無二のロケーションです!

 

マンション高騰時代に3,000万円台で手に入れられる経済性

現在、中古として3つの物件が売りに出されていますが、いずれも3LDKで3,500万円前後。住友不動産の物件、都内駅徒歩15分でこの価格です。

 

最大手、住友不動産分譲の信頼に裏打ちされた管理形態

上記の通り、自走式の駐車場、敷地内コンビニ、専用シャトルバス、コンシュルジュサービスなど、駅から遠いマンションとしてしっかり居住者の利便性を考えた管理がなされています。

管理費は12,000円前後です。

先日の新聞に載っていた通り、首都圏のマンションの管理費の平均が70㎡16,000円と高騰している中、一方で、郊外のマンションにありがちな1万円以下と安いわけでもなく、ちょうど良い管理費でしっかり管理されていると予想します。

567戸ある中、現在3世帯しか売りに出されていない所にも、マンション住人がしっかり居ついているのではと、管理状態の良さを感じます。

さすがノウハウや運営能力がありますよね。住友不動産の大型物件として力の入れようが感じられます。もちろん、マンション管理組合の実態まで私にはわからないので、推測の域もありますが。

 

江戸川区子育て支援

詳しくは、江戸川区のHPを見ていただければと思いますが、江戸川区子育て支援は、都内随一と言って良いくらい充実しているので、子育て世代の大きな頼りになります。

例えば私立保育園に通うとすると月々26,000円の補助金が出ます。僕は隣の江東区在住で、私立の幼稚園費用35,000円を毎月支払っていますが、補助は月々にならすと数千円程度です。

こういった自治体の生活援助も、街や住宅の価値を上げる要因になります。

 

気になった点

f:id:murakoshi5:20180413153047j:plain

一つ気になった点は、駅までの徒歩経路において、大型幹線道路である「国道14号線」を渡らなければならない事。信号待ちなどちょっと面倒です。

 

以上、このマンションなら、将来的に、生活や移動に困ることはないでしょうし、しっかりした最大手、住友不動産のマンション形態により、東京都心に近いこともあり、将来的な資産価値や売却する際も極端に困ることはないだろうと考えられます。 

 

スポンサーリンク