すまいよみ 良いマンション選びを支えるブログ

東京イースト在住。2007年に最初のマンションを購入してから失敗を重ね、結局3回もマンションを買い替えました。 すまいよみは『後悔しないマンション選び』を支援するブログです。

首都圏 住みたい街ランキング2018(すまいよみ筆者が)

f:id:murakoshi5:20180815170155j:plain今年も、首都圏の「僕が住みたい街ランキング」を勝手に作ってみました。身は一つなれど、色々な街に住んでみたいですね。

 

suumo住みたい街ランキング2018

よく見かける本場の「住みたい街ランキング」はこちら。

1位 横浜
2位 恵比寿
3位 吉祥寺
4位 品川
5位 池袋
6位 武蔵小杉
7位 新宿
8位 目黒
9位 大宮
10位 浦和

僕が毎週無料で愛読しているsuumoから発信されています。詳しくはググってみてください。ちなみに昨年のランキングについて、僕の所感は以下ご参考までに(関連記事)。
www.takenote1101.com

 

すまいよみ筆者の首都圏観

僕は産まれてから38年間、東京都世田谷区で育ちました。世田谷区のことは隅から隅まで知り尽くしているつもりです。公私ともに車で付近のエリアでよく活動していたので、近隣の東京区部や多摩エリアなどの東京都下、神奈川県川崎市横浜市など、近隣の市区町村についても明るいと思います。6年前に東京都江東区へ移り住んで以来、それまでは全く知りえなかった東京イーストの住みやすさに現在は魅了されています。埼玉県や千葉県については一部の地域を除いて良く知らないので、自分の好きな街は偏っていると思います。今後は、更に首都圏の住みやすそうな街をよく勉強していきたいと思っています。

 

すまいよみ筆者 住みたい街ランキング2018

今現在、僕が住みたい街ランキングです。

f:id:murakoshi5:20180815171311j:plain

住みたい街は、首都圏で最寄りの駅付近を意味しています。昨年も勝手にランキングを作りましたが、この1年間様々なマンションやエリアを見てきたので結構変わりました(関連記事)。

www.takenote1101.com

 

1位 松陰神社前

住所は東京都世田谷区若林。
世田谷といえば、二子玉川成城学園などが人気の住宅地として知られています。また地方出身者は、三軒茶屋とか下北沢とかに集まってきたりします。それが世田谷のブランドイメージでしょう。

 

僕はというと世田谷といえば松陰神社前。今一番住みたい街です。理由は、吉田松陰をまつる松陰神社国士舘大学、世田谷区役所、少し歩くと世田谷城址公園といった閑静でいて文化豊かな住宅街であり、二子玉川三軒茶屋みたいに、人気の街としての喧騒がなく、車の交通利便性が低いところで地元の人以外、車の往来もさほど多くなく住み心地が良いからです。

f:id:murakoshi5:20180815170702j:plain建て替えを控えている世田谷区役所

「世田谷の下町、田舎」と僕は思っています。三軒茶屋から愛称「チンチン電車」という東急世田谷線に乗り換えないといけないので、交通利便性としては若干見劣りしますが、それが外部から人が集まってくる人気の街とは一線を画す理由なのでしょう。近年では、おしゃれなカフェなどもできていると聞きました。ランドマーク的存在である世田谷区役所が建て替え予定なので、街が更にきれいになるのではと期待しています。

 

喧騒や人混み、観光客の「フタコ(ニコタマ)」や「シモキタ」とは違った落ち着いた住宅街にいながら、かといって経堂や成城学園千歳烏山など、都心からちょっと奥地の世田谷でもない。松陰神社前は、三軒茶屋三宿、渋谷といった流行の中心部にすぐ出ていける、世田谷のへそ。個人的に終の棲家として戻ってきたい場所です。

70㎡当たりのマンションおよその価格
7,000万円前後
僕が住みたいマンション
「イニシア世田谷松陰神社前
「ウェルフェアステージ世田谷松陰」

 

2位 東陽町

住所は東京都江東区東陽。
江東区の区役所がある東陽町は、ビジネスマンから若い子育てファミリーまで、多彩な人の活気で満ち溢れており、東京イーストでも旬な街です。

 

僕がこの街を好きなのは、東京メトロ東西線日本橋まで7分と都心に近く、区役所を中心としたビジネス街は明るく元気な地域柄で、周囲には様々な大型商業施設があって楽しく便利に過ごせるエリアであること。それだけではなく、一歩入ると都立木場公園をはじめとして、緑道や親水公園、運河など都心にいながらにして緑や水に囲まれた癒される空間環境にあるからです。

f:id:murakoshi5:20180815170923j:plain都心にいながら自然と共存した東陽町界隈

東京オリンピックの競技が多数予定されている東京都江東区において、その区役所がある中心的な役割を担う東陽町。将来、地下鉄有楽町線延伸に伴って、東陽町にも新駅建設が予定(予想)されている事からも、1964年の東京オリンピック後に栄えた第二の青山や駒沢のように更なる発展が期待される、将来とても楽しみな街でもあります。

70㎡当たりのマンションおよその価格
6,500万円前後
僕が住みたいマンション
「シティテラス東陽町

 

3位 柏の葉キャンパス

住所は千葉県柏市若柴。
柏の葉キャンパスは、つくばエクスプレス起点の秋葉原から30分ほどの駅ですが、高速鉄道の恩恵により都心からの距離ほどは遠さを感じさせません。駅名は、近くにある柏の葉公園と、駅周辺に東京大学千葉大学のキャンパスがあることに由来しています。この柏の葉キャンパスという街は、TXが開業した2005年~2030年までに、三井不動産と行政、東京大学千葉大学が一体となった「柏の葉スマートシティプロジェクト」として開発されています。

 

新しい街の魅力は、駅周辺の随所に見られます。駅前の「ららぽーと柏の葉」だけでも1日十分楽しめてしまうのですが、更に「蔦屋書店」を中心とした今旬のエンタメ商業施設「柏の葉T-SiTE」は、モノを売るだけでなく「コト」についても様々なイベントが開かれ人々を飽きさせない人気スポットです。周辺一帯は「柏の葉アクアテラス」として整備されており、子育て環境にも適し、賑やかでいて落ち着くスポットです。

f:id:murakoshi5:20180815171046j:plainアクアテラスから見た駅周辺、三井のタワーマンション

駅名の由来ともなった45haの「柏の葉公園」も駅から徒歩で行ける距離にあり、もともと自然豊かなロケーションに、三井不動産と行政が一体となって彩りを加えている素敵な街です。

70㎡当たりのマンションおよその価格
4,000万円前後
僕が住みたいマンション
「ジオ柏の葉キャンパス
「パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー」

 

4位 錦糸町

住所は東京都墨田区錦糸。
僕が今住んでいるエリアです。住めば都と言いますが、僕は初めてこの地に降り立った時から、このエリアに肌身で良さを感じ、結局、今住んでいるマンションを購入することになりました。マンションの営業マンから「錦糸町と言われて何を想像しますか?」と言われ、「風俗とか治安が悪いとか」と開口一番答えました。イメージ最悪でしたから。「いやいや、実は今、ファミリーの街なんですよ!」とその営業マンは言いました。

 

確かに錦糸町駅南口は、ラブホテル街がまだ残っていますが、駅北口を見ると、2006年に錦糸公園隣接区画が再開発され、錦糸公園隣に「オリナス」という映画館などが入った大型商業施設ができました。オリナスの上には「ブリリア東京」というタワーマンションとビジネスビルが入居しています。この「オリナス」と「錦糸公園」がファミリー層や若い人たちのスポットとして街の明るいシンボル的存在になっています。オリナスの他にも、駅前の「アルカキット(旧そごう錦糸町店)」「テルミナ」「リビン」といった商業施設が豊富で、お買い物や休日の過ごし方には事欠きません。とにかく明るく楽しく、外国人も多いですが人柄が良い街だと思います。

f:id:murakoshi5:20180815171447j:plain休日、人で賑わう、大型商業施設オリナス錦糸公園

何といっても、この地に住むのを止められない理由は、交通利便性です。錦糸町はJRと地下鉄半蔵門線が利用でき、JRでは東京駅まで3駅直通8分、他にも、新橋、品川、横浜、秋葉原、新宿、また半蔵門線を利用すれば、大手町、三越前、渋谷と東京都心の大体の主要駅まで直通一本で移動できてしまう便利さです。

 

周辺は、親水公園や猿江恩賜公園などの大型公園、緑地も多く、ファミリー層にとっても住みやすいエリアとなっています。

70㎡当たりのマンションおよその価格
6,500万円前後
僕が住みたいマンション
「オアシティ錦糸町
「パークタワー錦糸町

 

5位 横浜

住所は神奈川県横浜市西区
ザクっとした戸塚や桜木町、東神奈川などを含んだ横浜市ではなく、文字通り「横浜」駅界隈、徒歩圏内です。

 

ビッグターミナルの交通利便性や大手百貨店など大型商業施設の集積としての生活利便性だけでなく、横浜駅周辺は10分も歩けば、様々な住宅街としての顔を見せてくれます。

f:id:murakoshi5:20180815171636j:plainタワーマンションが立ち並ぶ、横浜駅東口エリア

東口の洗練された湾岸部はタワマンが立ち並び、北方面、沢渡、台町、幸ヶ谷などは落ち着いた閑静な住宅地、西口を出て岡野町や浅間町まで歩けば下町風情と、住宅地として様々な装いを見せてくれる、この横浜という街の懐の深さが僕は好きです。

70㎡当たりのマンションおよその価格
7,000万円前後
僕が住みたいマンション
プラウド横浜幸ヶ谷」

 

6位 浜町

住所は東京都中央区日本橋浜町
都営新宿線の浜町と、半蔵門線の水天宮や都営浅草線人形町など、複数の路線を利用できます。

 

僕が住みたい理由は、日本橋や東京駅まで徒歩圏内、百貨店や大型商業施設などへ徒歩や自転車で行けてしまうほどの中央区アドレスの利便性と、一歩入ると、浜町公園、隅田川といった自然豊かな環境に、明治座、水天宮といった文化や歴史が融合された、東京の中心にいながら生活に便利な住みやすい土地柄だからです。

f:id:murakoshi5:20180815171729j:plain老若男女それぞれが時間を楽しむ憩いの場、浜町公園

周辺は人形町界隈の飲食店で賑わっていますが、路地1つ入ると簡素な住宅街もすこしながらにあり、近年マンションも多くたっています。

70㎡当たりのマンションおよその価格
9,000万円前後
僕が住みたいマンション
「パークハウス東日本橋
「ディアナコード日本橋浜町

 

7位 豊洲

住所は、東京都江東区豊洲です。
ミーハーかもしれませんが、新しい街でエンタメ性抜群、東京オリンピックや、築地市場移転などなど、常に話題に事欠かない東京の人気湾岸住宅エリア。やはり一度は住んでみたい街です。

f:id:murakoshi5:20180815173951j:plainビジネスビルやタワーマンションが立ち並ぶ豊洲中心部

70㎡当たりのマンションおよその価格
6,500万円前後
僕が住みたいマンション
「オークプレイス豊洲
「スカイズタワーアンドガーデン」

 

8位 用賀

住所は東京都世田谷区用賀。
東急田園都市線二子玉川で地上に出る手前、地下の最後の駅が用賀です。界隈は、環状8号線と国道246号線が交わる、魔の『瀬田の交差点』を中心として車の喧騒、交通量は日本でも有数の交通の要所。抜け道を入っていくと、泣く子も黙る超有名芸能人や高額納税者も多く住む閑静な高級住宅街です。

 

駅から徒歩15分ほど歩くと超大型の砧公園があり、広く人を集める憩いのスポットになっています。

f:id:murakoshi5:20180815174155j:plain砧公園敷地内にある世田谷美術館

ただし、相当なお金持ちでないと、良好な条件の土地には住めないので、僕は2度、この地でマンション購入に失敗しました。僕がまた用賀に住みたいのは、用賀駅から10分以上歩いた砧公園のそば。北側の砧公園に背を向けたマンションは、日々砧公園で癒されながら、バルコニー南側を第一種低層住居専用地域に向け、抜群の日当たり、眺望を望むことができます。今度、用賀に戻った際は、駅から遠くてもそんな恵まれた住環境のマンションに住んでみたいです。

70㎡当たりのマンションおよその価格
7,000万円前後
僕が住みたいマンション
「シティハウス用賀砧公園」
「ブリリア砧公園」

 

9位 天王洲アイル

このあたり一帯はもともと工業地帯ですが、僕は昔から、天王洲アイル周辺の運河がとても好きでした。運河沿いに住むなんて憧れですよね。近年、品川駅から近いことなどから、天王洲アイル、お隣の品川シーサイドと、工場や大型施設の跡地にマンションが建つようになりました。生活や子育てには少し不便なエリアではありますが、天王洲アイル周辺からだと品川駅まで何とか徒歩圏内なので安心して住めます。

f:id:murakoshi5:20180815174240j:plain天王洲アイルのランドマーク的存在のレストラン「T.Y.HARBOR」

世田谷区や杉並区などの住宅街に比べれば、まだ価格も割安感があります。運河を歩いたり夜景を眺めながら静かに住み、都心部へも便利に出られるという、最近個人的にマンション立地としても注目している街です。JRの新駅ができる品川区の更なる発展についても期待しています。

70㎡当たりのマンションおよその価格
6,500万円前後
僕が住みたいマンション
「品川イーストシティタワー」

 

10位 笹塚

住所は東京都渋谷区笹塚。
渋谷といえば、一般的には、センター街、109、ハチ公前、代々木公園、明治神宮、高級住宅街の松濤などが思い浮かぶかもしれませんが、笹塚といえば、ほぼ新宿駅に近く、風情といえば、すぐお隣り中野区の下町っぽい雰囲気を共有する住宅街です。

f:id:murakoshi5:20180815174327j:plain中野区と風情が似た笹塚の住宅街に建つマンション

人も車も所狭しと往来する国道20号線と首都高4号線付近は雑雑感が多く、お世辞にも住みやすいとは言えないかもしれません。笹塚が気になるのは、やはり新宿駅を生活圏として暮らすことができる点です。自転車で気軽に遊びに行ける範囲で、僕だったら無理して歩いちゃいます。終電を逃しても安心な新宿の庭。「渋谷」らしからぬ雰囲気の住宅街も一般庶民にとって好感が持てます。

70㎡当たりのマンションおよその価格
7,000万円前後
僕が住みたいマンション
「イニシアクラウド渋谷笹塚」

 

10位 西葛西

住所は東京都江戸川区西葛西。
通勤というか、まさに痛勤アレルギーをもっていた東西線沿線の悪いイメージが雪解けしつつあります。一番の理由は、江戸川区の豊かな自然環境。東京都23区でも公園の面積がナンバー1です。気になるマンションを見に行くたびにマンション周辺の豊かな自然環境に魅了されてきました。

f:id:murakoshi5:20180815174419j:plain海外の避暑地を彷彿させるような風景の清新町

中でも、西葛西から南に15分ほどの清新町は地元でもちょっとした人気エリアらしいです。僕も、たまたま車で横切った時に、この圧倒的な自然環境に思わず目が点になってしまいました。「何ここ!?」と。大手町に10数分で通いつつ、日々自然豊かな環境で癒されながら暮らすことも諦めない。荒川を渡ってすぐ、西葛西の良好な住環境の街並みに注目しています。

70㎡当たりのマンションおよその価格
5,500万円前後
僕が住みたいマンション
「ジオ西葛西清新町

 

最後に

今現在、僕が好きな住みたい街を書き留めてみました。ますます、東京イーストの良さを実感する傍ら、生まれ育った街への想いも募りつつあります。素敵なマンションの存在からその街を好きになった例もありました。今後は、都内で言えば、板橋区や北区、首都圏で言えば、千葉県や埼玉県など、まだ見知らぬ素敵な街も訪問していきたいと考えています。

スポンサーリンク