マンション選びを始める際、事前に明確にしておくべき「購入予算」ですが、ローンの審査が降りなければ絵餅に終わります。

「住宅本舗」の特徴・最大の良さ

今回、住宅ローン一括審査のサイトを幾つか試してみたのですが、1番良かったのは「住宅本舗」でした。

最大のメリットは、「手間暇かけずに、最安値のローンを提示してくれること」と「仮審査の結果連絡が速いこと」です。

住宅本舗

【公式サイト】
https://lp.jutapon.com/homeloan/promo/newikts/common/index.html?prom_code=cscaw00001

住宅ローンを比較する際、金利が低いだけでなく、諸費用を含んだ総支払額で見ることが大切ですが、その優劣を比較するために色々調べだすと、相当な手間がかかります。

一括審査の良い所は、必要な情報をウェブ入力するだけで、その人の条件に適った、プランを提示してくれ、金融機関に繋いでくれることです。

更に、幾つかあるサイトの中でも、「住宅本舗」最大の良さは、ウェブ入力から金融機関の仮審査結果が出るまでのスピードの速さです。

他の一括審査サイトでは、一旦、サイト担当者を経由するなど、ウェブ入力から1週間ほどかかる場合もありましたが、「住宅本舗」は、ウェブ入力が完了してから3日後に、金融機関から直接、仮審査の結果がメールで送られてくる速さでした。

一括審査が良い部屋選びの武器になる

以上のような一括審査のメリットは、良いマンション、部屋を選ぶ上で、最大の武器になると考えます。

住まい選びは予算から

住まい選びを始める際の一番大事なことは、購入予算を明確化しておくことです。欲しい部屋が見つかってから購入できるか予算を見極めるのでは、本当に良い部屋は、あっという間に取られてしまいます。もちろん販売業者がその場で、予算や住宅ローンを提案してくれるのですが、迷いが生じると即答できません。自分の中で迷いを消しておき、ここまでなら出す線引きを事前に明確にしておくことが重要なわけです。私が過去の体験で身をもって失敗したことです。(関連記事)。

住宅ローンの審査も早めに

購入予算を見極めても、住宅ローンが通らなければ意味がありません。実際、月々の支払いに落とし込んだ住宅ローンの審査が通るかは、勤続年数、会社、業種、年齢など、人によって異なります。

そこで、本当に欲しい部屋が目の前に現われた時、交渉の前、または同時に、住宅ローンの事前(仮)審査を素早く通し、申し込みの準備を整えておく事が重要になってきます。

通常は、部屋が決まってから、新築ならデベロッパーや販売提携の営業マン、中古であれば仲介業者に、提携ローン審査をお願いすることが多いのですが、『フラット35なら通るけど、変動金利のローンが通らなかった、それでは支払い額が増えてしまうので再検討します』などと、もたついていると、その間に他の検討者が現れてしまいます。

予算、住宅ローンの準備を盤石にして気持ちの迷いを消しておく必要があります。

例えば、内見したい部屋がでたら、即住宅ローンの仮審査を申し込んでおく。

結果、その部屋を購入、申し込まなくても良いのです。

特に、中古マンションを検討する際は、仲介業者の提携ローンが十分でないケースもあります。事前にローンを通しておけば、他に検討者がいても第一候補として見てくれるでしょうし、値引き交渉をしても本気度合いが通じると思います。

もし、仲介業者の提携ローンの条件が良ければ、そちらでも審査をお願いして比較検討すれば良いだけです。とりあえず1つ以上仮審査を通しておくことが購入の交渉に効いてきます。

その準備の煩わしさ、スピードを助けてくれるのが、この「住宅本舗」です。

自分の好きな時間、意思が動いた時にウェブ入力するだけなので、本当に便利です。

スポンサーリンク

「住宅本舗」手続きの進め方、事前準備

この「住宅本舗」への入力にあたり、個人情報、勤務している会社の情報(収入源)、購入したい部屋の住所など物件概要、販売金額が必要になります。

購入先が決定していなくても、参考程度に任意の物件や価格を入力しておけば、目安を見ることもできます。 

全ての情報が入力し終わると、70社ほどの中から最適なプランをウェブ上で提示してくれ、うち最大6社を選んで仮審査をかけることができます。

その場で、変動、3年から35年の固定、フラットなどのプランもそれぞれ選べ、金利だけでなく総支払額も一覧で見られます。

また、地方銀行の選択肢もあるので、住まいの地域性も考慮してくれます。

私の場合、4社のプランが提示され、うち2社を仮審査にかけました。

仮審査に進みたいプランがあれば、更にその金融機関から求められる最低限の情報も必要になるので、身分証明(運転免許証や健康保険証)も準備しておくと良いでしょう。

ここまで30分程度あれば入力できます。

以上を入力し終えると、後は金融機関から仮審査の結果を知らせるメールが数日後に届きます。

仮審査が通れば、その後、本審査に進むわけですが、仮審査をしたからといって、必ずしも先に進む必要はありません。とりあえず、部屋を購入できる意志を持つ上で、選択肢のひとつにしておけば良いのです。

複数の金融機関に一括審査をかけても、金融機関同士で共有されることが無く、仮審査後の連絡も直接金融機関からのメールで、他にしつこい勧誘などもなく安心できました。

住宅本舗
【公式サイト】
https://lp.jutapon.com/homeloan/promo/newikts/common/index.html?prom_code=cscaw00001

最後に

本当に良い部屋、人気のマンションはスピードが勝負です。このような、手間暇、時間の手助けをしてくれるツールを使いこなして、過去の私のように、良い部屋を逃さないようにして欲しいです。

Twitterでフォローしよう