すまいよみが大ファンの「イニシア」ブランドが、城東エリアで分譲されます。楽しみにしていたプロジェクト発表会に参加しました!

イニシア北千住レジデンスの特徴

物件概要

イニシア北千住レジデンス
所在地:東京都足立区千住寿町
交通:「北千住」駅徒歩7分
総戸数:15階建73戸(一般分譲対象外住戸1戸含む)
専有面積:34.52㎡~70.01㎡
駐車場:10台
入居時期:2023年6月下旬予定
売主:コスモスイニシア、大和ハウス
施工会社:(建設、請負)大豊建設

建設中の現地(22年6月現在)

「北千住」駅は、JR常磐線、東京メトロ日比谷線、千代田線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレスの計5路線を利用できるビッグターミナル。主要なポジションまで乗り換え無しの直通アクセスができて、どこへ行くにも便利です。

直通で行ける駅。

例えば、「上野」駅(9分)、「大手町」駅(16分)、「銀座」駅(29分)、「東京」駅(19分)、「浅草」駅(5分)、「秋葉原」駅(10分)、「押上」駅(9分)、「表参道」駅(31分)。などなど。

「日光」や「鬼怒川」など、レジャースポットへも電車で出やすい、東京の玄関口でもあります。

マンションが位置する駅西口エリアは、大型商業施設「北千住マルイ」「ルミネ北千住」をはじめ、「きたろーど1010」「北千住ほんちょう商店街」など7つの商店街が軒を連ねる、東京の東エリアでは「錦糸町」駅と並ぶ、商業施設の集積地帯です。

(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

都心部や東京の西側と比較すると、流行やファッション感度では見劣りしてしまう東エリアですが、北千住であれば、池袋や新宿とまではいかないまでも、かなりの物が揃ってしまいます。

日常の買い物ができるスーパーやドラッグストア、飲食店も豊富。外食する際も、商店街の中に乱立している飲食店だけでなく、マルイのレストラン街とフードコート、ルミネのレストランフロアも利用でき、いつも同じお店で外食しなくて済む羨ましい環境です。

ルミネとマルイには、それぞれのデパ地下さながらの食品フロアが充実!ルミネには、「スターバックス」「クリスピー・クリーム・ドーナツ」「ポール」「吉田パン」など、有名どころのカフェやパン屋も入居しています。

パン屋といえば、商店街の中にも「ミサキベーカリー」「ふらんすや」「2538キッチン デリコッペ」など、私もよく利用する美味しいパン屋がたくさん!商店街や大型商業施設を使いこなして胃袋を満たすには、かなりの奥深さがある街です。

賑やかな「北千住」駅西口、バスロータリー付近
「きたロード1010」は、アーケード商店街のため、雨の日も駅から国道4号線付近まで濡れずに歩けます。
7つの商店街からなる西口エリア。なんでも揃う便利な生活環境です!

国道4号線(日光街道)にかけては、人や車、路線バスの往来も激しく、喧噪があって賑やかですが、商店街から少し入ると、古くからの宿場町さながら、生活観あふれる穏やかな住宅地を形成しています。マンションから10分ちょっと歩けば、荒川や隅田川などの自然を感じることもできるエリアです。

教育機関の誘致に力を入れてきた足立区。北千住の西口には、隅田川に近い場所に「帝京科学大学」、東口には「東京電機大学 東京千住キャンパス」が誕生し、若い学生でも賑わう街になりました。

「帝京科学大学」敷地一帯(右手)と隅田川テラス。若い学生で賑やか!

マンションの立地は、駅西口から伸びる商店街「きたろーど1010」のアーケードを抜け、国道4号線の交差点を渡って間もなくの4号線沿い。

マンションが建つ、国道4号線沿いの環境

外観は小ぶりで、優れたデザイン性であっても、大通り沿いの一画に建つ他のマンションや商業ビルと同化され、お世辞にも目立つ存在とは言えないと思います。

(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

住戸は東向きと西向き。内廊下設計になっています。

東向きは、1LDKが35戸、3LDKが10戸
西向きは、2LDKが14戸、3LDKが14戸

1階部分にはメールコーナー、宅配ボックス、ゴミ置き場、自転車置き場、2階には、マンション内サードプレイス的な共用空間「オーナーズプレイス」が用意されます。

「オーナーズプレイス」は、24時間開ける予定と聞きました。便利ですね!

フリーWi-Fi完備
ワークスペース
デスクカウンタースペース
個室型ブース

また、ミシンやアイロン、ボードゲームなどのシェアアイテムに、コーヒーメーカー(※有償サービス)も設置。

小型のマンションですが、棟内で楽しく過ごせそうです!

オーナーズプレイス完成予想CG
(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

トリプルセキュリティ(風除室、エレベーター前で鍵解除、玄関)で安心。

駐車場は10台で駐輪場は91台を収容しますが、駐輪場台数が少ないと思いました。少なくとも、2LDK以上の住戸には最低2台以上は行き渡るようにしてほしかったです。

主な住戸設備・仕様は以下。

Low-E複層ガラス(A.B1.B2.Cタイプ除く)
T-3等級サッシ(D.Eタイプ除く)
ハンズフリー ラクセスキー
トールスライドウォール
連窓サッシ
食器洗い乾燥機
浄水器一体型水栓
フィオレストーンキッチン天板
全ての開口部に防犯センサー
天井高2,400mm(LD)
バルコニー奥行き1,530mm~1,780mm

11階より上はプレミアム住戸仕様で、床がつき板になるなど、さらに質感、仕様レベルが高まるようです。

主な間取り・価格

住戸表と予定価格帯です。

B1タイプ(1LDK、34.52㎡)

(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

Dタイプ(2LDK、48.24㎡)

(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

Eタイプ(2LDK+S、70.01㎡)

(出展:イニシア北千住レジデンス 公式HP)

2LDKと3LDKの平均坪単価は370万円前後ですが、正直、若干高いと思いました。

駅徒歩5分の「パークホームズ北千住アドーア」(2019年築)が、7,800万円前後(坪単価370万円)で取引されていますが、国道4号線を渡らない西口徒歩5分の特別な立地です。当マンションと同じ徒歩7分の「ブランズ北千住」(2020年築)は、東口で立地の特徴は異なりますが、直近の売出しは6,000万円(坪単価300万円)を切っています。

先日発表された路線価の上昇率で、北千住(西口駅広場前)が見事1位になりました。西口の駅近立地は、北千住の良さを活かせる場所ですが、国道4号線を渡ることと、4号線沿いの場所が「若干高い」と思ってしまったポイント。

正式な価格が決まるのは8月です。

イニシア北千住レジデンスのメリット

当マンションの大きなメリットは、北千住駅徒歩7分の立地と開放的な室内空間です。

交通利便性、生活利便性に優れた立地

述べてきたとおりですが、北千住は、どこへ行くにも便利な東の玄関口です。ビッグターミナルだけでなく、日比谷線と伊勢崎線で始発電車に乗って座って快適に移動できるのも一押しの点!北千住で生活する大きなメリットだと思っています。その駅まで徒歩7分の立地。錦糸町に始発電車はありません。

西口エリアの生活環境。たくさんの元気な商店街と大型商業施設を身近に利用でき、楽しく便利に生活できるのも、当マンションに暮らす大きなメリット。城東エリアの中では、北千住や錦糸町は、他の街が不便で退屈で物足りなくなってしまうくらい、一度住むと離れられません。

北千住駅周辺にはファミリータイプを分譲できるような土地が少なく、特に西口の駅近は希少性がある立地です。

開放的な住環境と居住空間

内廊下を挟んで東向きと西向きの住戸設定。

東向きは、大通り側に幅員約38mを確保し、2階から全面開放!西向きも、前面には低層の住宅地が広がっているため、採光条件は良好。4階より上は建物の上を抜けてきそうです。

東向き住戸の住環境。採光条件は良好です。
西向き住戸の住環境。バルコニー前は、低層の住宅地が広がるため、抜け感もしっかり確保できそうです!大通りとは逆側のため比較的静かでしょう。

イニシアの空間設計も見どころ!2LDK以上は全て角住戸、ワイドスパンによる開放的な室内空間になっています。共用廊下側の暗い部屋を無くした内廊下設計も、明るい住戸作りに貢献しています。更に、明るい室内を引き立てているのが、LDと隣洋室の窓がシームレスな仕様「連窓サッシ」と、天井部までしっかり空けて空間を一体型できる間仕切り扉「トールスライドウォール」です。

他にも、イニシアの統一されたコンセプトが光る、高い居住性の室内空間になりそうです(関連記事)。

イニシア北千住レジデンスのデメリット

人によっては検討が進まない、1つの大きなデメリット。

国道4号線沿いの生活環境 

国道4号線の交通量の多さによる喧噪が大きなデメリットになります。昼夜限らず、トラックなどの大型車の通行も多く、更に「北千住駅入口」の交差点に近いため、東京方面へ行く車が滞留するポイントにもなっています。気になる車の排気ガスですが、『マンションが建つポイントの大気環境は環境基準値内』との説明を受けました。それでも、東向き住戸での窓を開けての生活は難しいと思います。

マンションエントランス前の環境。車通りが激しく、大型車の走行も多いため、常に喧噪に晒されています。

それと、駅周辺の商業集積地帯へは国道4号線を渡らなければいけません。国道よりも駅寄りだったら最高でした。「パークホームズ北千住アドーア」の駅徒歩5分、国道4号線を渡らない立地は、やはり別格だと思います。

他にもハザードリスクや、周辺環境など、マンションを選ぶ際は、最低限よく見ながら検討を進めていきましょう(関連記事)。

最後に・今後のスケジュール

今後は、モデルルーム訪問、ご希望住戸アンケート受付を経て、8月上旬以降、正式価格発表、第1期1次の登録が開始されるようです。

やっぱり「イニシア」ブランドの真骨頂は、洗練された間取り、設備仕様など、居住者視点の住空間設計です。モデルルーム訪問も楽しみにしています!


この物件の資料がほしい!

イニシア北千住レジデンスのパンフレットが届く。資料請求してみよう!

資料をもらう(無料)

Powered by LIFULL HOME’S

最新の詳細情報は、LIFULL HOME'S
イニシア北千住レジデンスの物件詳細をご確認ください。

住まいの購入相談始めました!【無料】

すまいよみに相談する

Twitterでフォローしよう