愛が長続きするタワー?お金をたくさん持っていれば愛が買えるのか??とずっと僻んでいたのですが、だったらこの目で確かめてみようと、先日モデルルーム訪問してきました。

スポンサーリンク

ブランズタワー豊洲 マンション概要

物件概要

ブランズタワー豊洲
東京都江東区豊洲5
東京メトロ有楽町線「豊洲」駅徒歩4分
ゆりかもめ「豊洲」駅徒歩4分
総戸数:1152戸
駐車場:392台
駐輪場:2236台
バイク置き場:17台
ミニバイク置き場:99台
用途地域:工業地域・準工業地域
分譲:東急不動産
販売(提携):東急不動産、大成有楽不動産、ライフステージ
施工:熊谷組首都圏支店
管理委託会社:東急コミュニティ
施工予定:2021年10月予定
(2019年10月15日現在)

ランドスケープ・共用施設

このタワーは、B1から2階までを駐車場に使用し、3階を駐輪場、4階をグランドエントランスと共用施設に充てていて、住戸は5階からという設定になっています。住戸までは、1階のエントランスから、4台あるうちのエレベーターで4階グランドエントランスまで上がり、更にグランドエントランスホールから住戸行きのエレベーターという動線になります。平面図を見て気になったこと。4階のグランドエントランスホールから上層階に上がるエレベータが4基あるのですが、うち1基が46階~48階専用になっているんですよね・・・。タワマンならではの最上階VIP待遇なのでしょうか。

気になる防犯面は、ダブルオートロックになっています。B1もしくは1階のエントランスにてロック解除後、4階のグランドエントランスに上がってきてエレベータホール前にて各住戸のロック解除、その後、住戸前ではカメラ付きインターフォンでの確認になります。

敷地内には、生活利便施設(スーパーマーケット)と認可保育園を併設予定です。また、このマンションの建設と共に、お隣の敷地に増築する豊洲西小学校の校舎にも一役買っているようです。

壮大な、マンションデザイン、取り囲むランドスケープなどは、マンションギャラリーのシアターで魅力が痛いほどわかると思いますのでご確認ください。

1つ、モデルルームで営業さんと話していて気になったことがありました。バルコニーの手すりの仕様です。建物デザイン上、手すりについては、透明ガラスや乳白色など住戸タイプや階数によって異なる物が使用されるのですが、乳白色の物は全く透けていないので、室内からせっかくの景色や階下が見にくいんですよね。誰だって透明ガラスが良いと思っているはずで、モデルルームでかなりの要望が出ているとのことでした。マンションの外観デザインは既に決定済みで変えられないので、今後、半分透けた乳白色のガラスに変更できないか、社内で協議中とのことです。

共用施設は以下です。

まず4階に多くの共用部分が設けられています。

・ウェルカムラウンジ
・パーティルームウエスト
・フィットネスルーム
・ランドリールーム
・キッズルーム
・パーソナルルーム
・ワークアンドスタディブース
・ゲストルーム
・パーティルームイースト
・レクリエーションルーム
・カンファレンスルーム
・コワーキングルーム

パーティルームだけで、「イースト」と「ウエスト」・・・。

こんな感じ!ワクワクしますね!

他、4階では、コンシェルジュサービス、備品無料貸し出しサービス(台車、工具、脚立、自転車空気入れ、傘)などのサービスが受けられます。

各階フロアには、防災備蓄倉庫とゴミ置き場を完備し、24時間ゴミ出しもフロア内でしっかり行えます。

そして33階にも共用施設(スカイビューラウンジ゙)が!

・BAR
・TSUTAYA監修ライブラリーエリア

こちらは4階と違い、しっとり落ち着ける大人の空間。眺望を楽しみながらの贅沢な一時を送ることができます。よく考えられています。

個人的にいつも固執しているレンタサイクルは無いです。いらないですね。豊洲なら江東区のシェアサイクルが、そこらかしこで利用できますし。

1ヶ月の管理費は、43.41㎡の1LDK住戸で17,300円、他にインターネット使用料が1,265円。他の規模の住戸の管理費を聞くのを忘れてしまったのですが、共用施設がほとんど無い「千住ザ・タワー」でびっくりした55㎡住戸3万円弱と比べれば、こんなものではないでしょうか。

住戸設備・仕様

設備、仕様については、さすが!といった感じでした。普段、高級マンションやタワマンをあまり見ない僕にとっては高揚感がありました。

主な設備について。

・住戸玄関カメラ付きドアホン
・洗面室御影石カウンタートップ
・ミストサウナ
・トイレ御影石手洗いカウンター
・超節水ウォシュレットタンクレストイレ
・キッチン御影石カウンター
・食器棚(御影石カウンター)
・キッチン部分床暖房
・アンダーシンクタイプ複合水栓
・ディスポーザー
・食洗機
・LD部分カセット式エアコン
・LD部分床暖房
・住戸用防災備蓄倉庫

ここで言ってもしょうが無いとは思いますが、スロップシンクは無いです。防災倉庫(BS)が各住戸に装備されていて、かなり広い住戸外の納戸といった感じで色々重宝しそうなのですが、「防災用品倉庫という位置づけでご使用ください」という案内をしていました。そしてキッチンにも床暖房が!妻は「別にいらないけど・・・・」と言っていましたが・・・。

主な仕様について。

・二重床・二重天井
・天井高2,650
・サッシ高2,100
・バルコニー奥行き基本1,800
(住戸によって、バルコニー計上が異なる)
・洗面室床・トイレ床、塩ビタイル

洗面室とトイレの床仕様は、タイルとはいきませんでしたが、塩ビシートよりは高級感があります。天井高は高いのですが、天井にカセット式エアコンを装備しているせいか、せっかくの天井高なのにサッシ高はもう少しだったかなと。2100あるので贅沢ですかね。

このマンションの良さ・本当に愛は長続きするのか

ブランズタワー豊洲の良さは、何といっても立地です。この立地は、まさに唯一無二!

マンションギャラリーのシアターで、オレゴン州のポートランドなど、世界の住みたい街は、どこも湾岸沿いで水辺が映える眺望、環境にあるということを謳っていましたが、まさに豊洲エリアの中でも、このマンションが建つポイントの良さ。豊洲という人気エリアにおいて、湾岸の風景に、緑も多く、駅徒歩4分、大型利便施設が周辺に出そろい、四方が抜けた眺望、明るさ、静かさと住環境も良く、これ以上の立地は無い、唯一無二の立地だと思います。

一部北側にマンションがありますが、低層階から明るく抜けた環境なので、階数ごとの価格差が驚くほどありません。立地自体の良さの証左でしょう。

そして、僕が愛を感じたのが、立地の良さにかまけず、どんな層にも選んでもらえるように35もの多彩な間取りが用意されていることです。愛があるのは間取りがたくさんあるだけではありません。1LDKの43㎡住戸から手を抜かず居住性が高い間取り設計がされていること、1LDKと大型3LDKが並んで南向きの高層階まで住戸配置されていて、大型住戸を購入してもらえるような超富裕層や大家族だけで無く、シングル、DINKSなどの層にも住環境のハンデを背負わせることなく、マンションが親切にデザイン、設計されていると感じたことです。

4階と、33階にもゆったりできるスペースを設けた共用空間が、便利で楽しすぎてワクワクできることは間違いありません。雨の日でも、やることが特にない日でも、何が無くてもマンション内を昇ったり下ったりウロウロしてみたり、ちょこっとエントランスに顔を出したり、このマンションを我が家にできる価値は非常に大きいです。住戸位置を5階以上にして、災害時における万が一の有事の際も十分安心できると思いました。

通学校は、2015年に開設されたばかりの豊洲西小学校と、有明西中学校になります。豊洲西小学校は現在満員で、新たな受け入れをしていないようですが、校舎の増築に東急が一役買うことで、ブランズタワー住人の通学の担保を取ったとのことでした。有明西中学校は「ゆりかもめ」に乗らないと通えませんが、名高い学園なので逆に羨ましく思います。中学生にもなれば電車通学でも安心でしょう。

僕は、世田谷に住んでいた時、ブランズのマンションをよく見てきましたが、最大手と比べると正直ブランド名ばかりが先行していて、良い印象を持っていませんでした。そして、このマンションがリリースされた時、「愛が長続きするタワー」とか言って、お金が無いと愛も買えないのかよ!と鼻について僻んでばかりいました。でも、マンションギャラリーを訪問して印象ががらりと変わりました。顧客視点、居住者視点を第一に考えた、東急不動産の叡智を結集したマンションになるに違いないと確信したのです。東急不動産本社の働き方改革をテレビで特集していたことが、このマンションへの本気度にも顕れているんだと、感じないわけにはいきません。

僕には到底買えないマンションですが、愛を感じることができました!

スポンサーリンク

ブランズタワー豊洲 間取り 価格

48フロア、1152戸を擁す大規模タワーマンションですが、46階~48階はプレミアム住戸フロアとなっています。画像は、8階から18階の平面図。

正式価格の発表は2019年10月19日(土)ですが、最終の予定価格を共有します。価格は、あくまで予定、~万円台です。表記が7,000万円だとすると7,099万円かもしれません。低層階と高層階の価格差がほとんどありませんので、ピッチを読めば空いている階数の住戸価格もほぼ予想がつきます。

南西向き

南東向き

北東向き

北西向き

坪単価は、およそ以下です。

南西向き420万円
南東向き400万円
北西向き380万円
北東向き360万円
(1坪=3.305㎡で試算)

お金があれば、南向きの高層階を選べば良いと思いますが、僕が一番選びたいなと思ったのが、豊洲の湾と晴海方面の眺望や夜景を低層階から臨める北西向き住戸です。日当たりは制限されますが、単価が抑えられています。また、直近で予定価格を下げたと言う北東向き住戸は、15階以上だと北側のマンションの上空を抜け、東雲方面の眺望が臨めそうです。こちらも低層階と中層階、高層階の価格差が無いので、北東向きの17階当たりが良さそう。こちらも日当たりは諦めるポイントではあります。

北東向きが、平均坪単価360万円まで下がり、「シティタワーズ東京ベイ」、表面上では徒歩4分の国際展示場駅、徒歩実質6分ほどのセントラルタワー、同じく8分ほどのイーストタワーとほぼ同等の価格(南向きも北向きも)になっていることから、豊洲徒歩4分と比較してしまうと、どちらかを選ぶか一目瞭然かなと個人的には考えてしまいます。

以下、2LDK(56.41㎡)~3LDK(76.91㎡)の間取りです。

S-55A(56.41㎡)

S-55B(57.02㎡)

S-55C(57.73㎡)

S-55D(58.02㎡)

S-60A(60.00㎡)

S-60B(61.15㎡)

S-60C(61.87㎡)

S-60D(63.00㎡)

S-60E(64.86㎡)

S-65A(67.66㎡)

S-65B(68.53㎡)

S-65C(69.69㎡)

S-70A(70.39㎡)

S-70B(73.49㎡)

S-70C(73.79㎡)

S-70D(74.37㎡)

S-75A(75.53㎡)

S-75B(75.88㎡)

S-75C(76.44㎡)

S-75D(76.91㎡)

以上、35もある間取りの中で、一部を除いて見てきましたが、妻、子供一人の3人家族の僕が一番気に入った間取りは、S-60Dです。

北東向きで、前面が抜ける17階(6,700万円台@355万円前後)が良さそうですね。単価も抑えられています。

ブランズタワー豊洲のデメリット、モデルルームで気になったところ

気になったところをいくつか。

住環境面で言えば、将来的なリスクを1つ。南西側に位置する住宅展示場とワイルドマジック(キャンプ場)の存在です。このマンションで一番坪単価が高い南西向きですが、将来的に住宅展示場やワイルドマジックが無くなって、バルコニー前面にタワマンなど高層の建築物が建つ可能性が0では無いでしょう。距離がありますし前面丸被りでは無いため、住環境が遮られるのは軽微にはなりますが、周辺の眺望、開放感など住環境が一部制限されてしまうことにはなると思います。

住空間で言えば、間取り一つ一つのデメリットは、きりが無いので割愛しますが、何といっても、ほとんどの住戸で存在する室内頭上の下り天井の存在ですね。そもそも、カセット式エアコンをLDに設置しているからか、標準の天井高が2,650もあるのに、2,100のサッシ高に抑えられているのが少し気になりました。LD開口部がカセット式エアコン埋め込みのため下り天井になっています。カセット式エアコンなんて、いるのでしょうか?修理とか入れ替えとか大変そうですし。高級感の演出?また、下り天井や突き出した梁が多くて、室内において2650の部分は結構制限されてしまっています。住戸によっては、えげつないくらいの梁が天井に突き出している部屋もあります。特に、モデルルームでも見られるS-75A住戸の中央部、子供部屋の下り天井は、屋根裏部屋みたいに息が詰まりそうなほどでした。

それと、これは江東区の条例で仕方が無いことですが、このマンションのベランダには物干しの支えがありません。

洗濯物を干す場合は、浴室乾燥を利用するか、LDにオプションで物干し支えを装着しなければ干せません。共用施設に「ランドリールーム」を備えた理由でもあるでしょう。

しかしながら、LDに洗濯物はあり得ないと思うのは私だけでしょうか。特に専業主婦の奥様は、住み始めたら、眺望なんかより実質的な生活がメインになってしまいがちです。LDに洗濯物を干すことが常態化されてしまうと、せっかく仕事から疲れて帰ってきてLDで疲れを癒やしたいと思っても、夫婦げんかの元にもなるので、これは入居前に夫婦で確認しておきたいです!(我が家だけ?)

手付金の話を営業さんとさせていただきました。基本10%ですが、5%位であれば、本気で購入の意思と資金繰りの苦しさを鑑みて相談に応じてくれそうでした。

最後に

いよいよ10月19日土曜日に価格が発表され、申し込みが開始されます(2019年10月15日現在の情報)。周辺の中古、有明の新築などと比較すると、条件が良い住戸によっては人気が集まりそうな予感がしますね。数多くのランドマーク的な有力マンションが存在する豊洲の中でも、中心的なランドマークになることは間違いないと思います!