当マンションの良さは、「平井」駅からフラットな徒歩7分、住宅地に囲まれた平井公園隣接、開放的な明るい住環境にある好立地であることです。

ファインスクェア平井
東京都江戸川区平井2
JR総武線「平井」駅徒歩7分
総戸数:5階建て22戸
専有面積:60.27㎡ 〜 87.48㎡
間取り:2LDK~4LDK
管理費:未定
修繕積立金:未定
駐車場台数:8台
(月額使用料:未定)
自転車置場:42台
(月額使用料:未定)
バイク置場:2台
(月額使用料:未定)
売主:新日本住建
販売代理:新日本住建販売
施工:オープンハウス・アーキテクト
管理会社:未定
入居予定:2022年8月下旬
(21年9月14日現在)

ツイッターの通りですが、立地が良いですね!

南西側が平井公園隣接、南東側が道路挟んで低層の住宅地となっており、開放的な住空間が約束されます。日当たりも両棟とも十分でしょう。

画像左側:南西向きはパークフロント!
画像奥:南東向きは低層の住宅地

当物件も5階建ての低層になりますから、公園隣接の邸宅感を感じられるマンションになりそうです。

通学区の「平井南小学校」が、大通りを渡らず徒歩5~6分程度、「小松川第二中学校」は2~3分程度で、子供が乳幼児の頃は隣の大きな平井公園で遊ばせながら、小、中学校、平井公園に囲まれ子供が伸び伸び成長できる、子育て環境にも適したポイントです。

親子、幼稚園児で賑わう大型公園「平井公園」

公式HPの画像を見る限り、南東向き(低層の住宅地を臨む)と、南西向き(パークフロント)の2棟構成だと思われます。100%角住戸設定も小規模マンションならでは、あとは間取りも期待したいです。

現時点で、デメリット寄りの特徴は、小規模マンションである事くらいでしょうか(関連記事)。

大規模マンションが良い人は、駅徒歩8分の築浅「シティテラス平井」が、相場は上がりつつありますが、坪単価250〜60万円(70㎡、5,500万円前後)で動いており、こちらも見逃せません。

北口では、野村不動産のタワーマンションが建つ予定で区画整備が始まっていますが、沿線周辺の亀戸、新小岩、小岩と比べると、街の変化、盛り上がりへの期待感は薄いため、平井が好きな人、エリアで探している人、隣駅より少しでも価格訴求力がある新築が良い人であれば、検討しやすいでしょう。

その価格ですが、現在分譲中の駅徒歩6分「サンクレイドル平井Ⅲ」が参考になります。平均坪単価は280万円前後(70㎡約5,900万円)。

当立地と、高騰してきた相場観を踏まえると、駅から大通りを渡り喧噪がある「サンクレイドル」と同程度の280万円前後でも十分価値があるとは思っています。ただし、「サンクレイドル」の売れ行きが「すこぶる良い」とは感じられないため、「ファインスクェア平井」の平均坪単価を260~270万円前後(70㎡、5,700万円前後)と予想しました。

瑞江の「ファインスクェア」も、予想を裏切って良心的な価格で即完売でしたから、少しでも求めやすい価格を期待したいです。

周辺、総武線の駅とは少し人気が劣る「平井」ですが、JR総武線沿線人気が底上げされる期待感はもちろんあります。

合わせて、マンションを選ぶときは、周辺環境や住環境、ハザードマップなどを事前によく確認しましょう(関連記事)。

確かに、駅前再開発の「プラウドタワー亀戸クロス」「プラウドタワー小岩ファースト」と比べてしまうと、派手さはありません。

それでも、価格と、まだリリースされていない間取り次第ではありますが、子育てファミリーが明るく楽しく住める「住まいの満足度」が高くなるはず!「ファインスクェア瑞江」に続いて、オススメできるマンションになると思います(21年9月14日現在)。

Twitterでフォローしよう