変貌を遂げる街、小岩。まちづくり構想の中で、「アルファグランデ小岩スカイファースト」に続く、タワーマンション第2段がリリースされました。

プラウドタワー小岩ファースト 物件概要

プラウドタワー小岩ファースト
東京都江戸川区南小岩6
JR総武線「小岩」駅徒歩1分
用途地域:商業地域
総戸数:22階建て233戸(非分譲住戸76戸を含む)
専有面積:31.22㎡ 〜 106.46㎡
間取り:1R ~ 4LDK
管理費:未定
修繕積立金:未定
駐車場台数:未定
自転車置場:未定
バイク置場:未定
売主:野村不動産・タカラレーベン・清水建設
施工:清水建設
管理会社:野村不動産パートナーズ
入居予定:2022年6月下旬予定

このマンションの特徴・良さ、デメリット

「将来大きく変わる街、小岩駅徒歩1分に建つタワーマンション」

これこそ大きな特徴であり、またとない価値ある住まいとなります。

小岩は、東京23区の東地区でも、様相が大きく変容する大規模再開発エリア、街として注目されています(関連記事)。

街が変わり、耳目を集めてからだと、良い条件の部屋が妥当な価格で手に入らなくなる、そんな苦渋な思いを私も何度か味わってきました。

将来に目を向けた時、街の変わり目に、この駅徒歩1分のタワーマンションを購入できるメリットは大きいはずです。

「JR小岩駅周辺地区まちづくり基本構想」では、主に北口と南口において、期にわかれた大規模再開発が進んでいますが、「プラウドタワー小岩ファースト」は、南口の一翼を担います(関連記事)。

(出典:江戸川区HP)

上記地区開発のうち、駅南口「南小岩六丁目地区」再開発は、9万㎡にも渡る複合施設「FIRSTA(ファスタ)小岩」として整備され、更に「Ⅰ街区~Ⅲ街区」に分かれます。

駅に最も近い

「Ⅰ街区」には、
10階建ての商業施設「FIRSTA Ⅰ」
「Ⅱ街区」には、
22階建て233戸の「プラウドタワー小岩ファースト」
「Ⅲ街区」には、
33階建て368戸のタワーマンション

が建設予定です。

Ⅰ街区ではすでに「FIRSTA Ⅰ」が一番営業を開始しています。

当タワーまで駅直結ではありませんが、 Ⅰ街区からⅢ街区まではペディストリアンデッキで繋がるため、「FIRSTA Ⅰ」に入ればデッキをつたいエントランスまで1分の徒歩経路になります。

まさにファースト。繰り返しますが、大きく街が変わった後では時すでに遅し。これ以上の立地が無い「プラウドタワー小岩ファースト」は、分譲後、お金で買えない大きな価値ある住まいになるでしょう。

個人的に気になる点は、233戸とタワーにしては小規模である事と共用施設が少ない点です。

間取りをいくつか見た中では、200戸前後の同規模「プラウドタワー金町」のように選び甲斐がある間取りとまでならない予感もします・・・。良い間取りを並べてほしいな。

北口に建設が予定されている670戸の規模感を持つタワーマンションが、整備された明るい交通広場の一角に建つことから、ちょっと待ってみたくなります。

住まいとしては、秋の気持ちよい夜長に窓を開けると、総武線の騒音と駅前の喧噪が気になるかなと思う次第。

少し個性がある周辺の街並みも整備され、マンションの周りも綺麗な景観になり、歩きやすくなることが期待されますね。

スポンサーリンク

ランドスケープ・共用施設・間取り

マンション建物そのものは、比較的小ぶりです。

(出典:プラウドタワー小岩ファースト 公式HP)

現在把握できるのは、22階建ての制震構造に内廊下設計である事。

共用施設は「ゲストルーム」、「ライブラリーラウンジ」、「コミュニティラウンジ(兼キッズルーム)と、それほど多くありません。ただし、マンションの階下や隣の街区にも商業施設が入居しますし、そもそも小岩駅周辺の商業施設を庭のように利用できますから、共用施設も必要十分でしょう。

プラウドタワー小岩ファースト 価格は?!

総武線沿線、特に亀戸より東側は再開発やマンション供給が活発になってきています。今までは、東京の西地区と比較して相対的に住宅価格が低かった江戸川、葛飾エリアですから、沿線の各駅が開発されれば、沿線全体の人気が更に底上げされていくでしょう。

亀戸駅南口のサンストリート跡地の複合開発
平井駅北口の再開発
新小岩駅南口の再開発
小岩駅の北口、南口の再開発

この4駅だけで、建設中含め7棟ものタワーマンションが建つ予定です。

肝心な価格を予想する上で、近隣に分譲されている新築マンションの単価が以下になります(およそです)。

「プラウドタワー亀戸クロス」(駅徒歩2分)
坪単価360万円

「シティテラス新小岩」(駅路歩3分)
同320万円

「プラウド瑞江」(駅徒歩1分)
同320万円

また、先行の「アルファグランデ小岩ファースト」(徒歩3分)の中古成約状況は、坪単価270~280万円ほどで推移しています。

一方で、駅周辺の板状の中古マンションは、坪単価200万円前半の相場観です。

以上を踏まえ、

プラウドタワー小岩ファーストの平均坪単価を330~340万円前後と予想してみました。

現在リリースされている間取り

76.72㎡(23.2坪)で7,500~8,000万円のイメージです。

まとめ・最後に

大きく変わる街の駅徒歩1分!タワーマンション!楽しみすぎます。昔は、「押上」も「錦糸町」も「豊洲」も「有明」も、これだけ街が変貌を遂げ相場が高騰するとは思っていませんでした。「今までの小岩」から「将来の小岩」へ、エリアに明るくない方、広域からでも、未来を思い描きながら積極的に検討したいですね。



公式資料では、たくさんの写真や細かい仕様が掲載されています。ブログだけでなく資料を見た方がよりイメージが沸くはずです。

この物件の資料がほしい!

プラウドタワー小岩ファーストのパンフレットが届く。資料請求してみよう!

資料をもらう(無料)

Powered by LIFULL HOME’S

最新の詳細情報は、LIFULL HOME'S
プラウドタワー小岩ファーストの物件詳細をご確認ください。

Twitterでフォローしよう