東京都江東区湾岸エリアには、環境やエネルギーなどの社会問題について、国や東京都、一般企業が運営する情報発信拠点が点在しています。

施設の魅力は、大人でも子供でも、一見難しい環境やエネルギー問題を、体験したり遊びながら、楽しく学べる、開かれた資料展示、体験型施設になっていることです。しかも、無料なので気軽に来館することができます(一部、数百円の有料施設あり)。

子供にとっての大事な社会問題は、楽しみながら学んで興味を持ってもらうことが大切なので、とても有益な施設です。

それぞれ予約制で体験学習ができる施設が多いので、できれば事前にスケジュールなどを下調べした方が良いと思います。

コロナ禍による緊急事態宣言下、開館時間が変更になっているケースがありますので、随時確認してください。

青海エリア

船の科学館

東京都品川区東八潮3-1
TEL:03-5500-1111
※現在本館は休止

【見どころ】
海や船舶に関する展示資料館です。この一画だけ品川区なのですが、青海エリアの施設として紹介します。現在「本館」は休止しており、資料展示をしている「別館」と「南極観測船”宗谷”」「屋外施設(敷地内)」を見学することができます。「宗谷」の船内を回って、南極観測船の役割、船員の生活がどんなものなのかを垣間見ることができます。
【オススメ度】
★★★


【開館時間】
11:00~16:00(宗谷乗船は15:45まで)
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12/28~1/3)
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「東京国際クルーズターミナル駅」下車
東京臨海高速鉄道りんかい線
「東京テレポート駅」下車…徒歩約12分
来館者用の駐車場は無し
【入館料】
無料

【公式HP】

日本科学未来館

東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151

【見どころ】
科学技術の視点から、どんな未来を作っていくかを考える施設です。研究展示物は、小学校低学年くらいだと少し難しいテーマですが、地上にいながら人工衛星が写した地球の変化を見られる「ジオ・コスモス(上記画像)」、自分の体を使ったアンドロイドの操作、空間情報を体験できる「アナグラのうた」、宇宙飛行士の暮らしを紹介する「こちら、国際宇宙ステーション」などの体験設備は、1年生の子供も喜んでいました。「ドームシアター」を見るのであれば、半日は滞在できるボリュームなので、早い時間に行きましょう。少し施設が古くなってきているかなと思いました。
【オススメ度】
★★★★

【開館時間】
10:00~17:00
【休館日】
毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/1)
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「東京国際クルーズターミナル駅」下車、徒歩約5分
「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「東京テレポート駅」下車…徒歩約15分
地下駐車場(タイムズ):一時間440円
【入館料】
常設展+ドームシアター
大人940円
小学生(6歳以上)~18歳以下
310円
未就学児(6歳以下)
100円

【公式HP】

東京税関「情報ひろば」

東京都江東区青海2-7-11
TEL:03-3599-6264

【見どころ】
「税関の仕事」の疑問を楽しみながら学べる展示施設。麻薬の密輸手口や、輸出入が禁止されている、象牙、コピー商品などの展示コーナーが充実しています。
【オススメ度】
※次回訪問時更新

【開館時間】
9:00~17:00
当面の間、見学の受け入れ停止
【休館日】
土・日・祝日・年末年始
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「テレコムセンター駅」下車、徒歩約3分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「東京テレポート駅」下車…徒歩約18分
地下駐車場(タイムズ):一時間440円
【入館料】
無料

【公式HP】

東京臨海部広報展示室 TOKYOミナトリエ

東京都江東区青海2-4-24
TEL:03-5500-2587

【見どころ】
国際貿易港として東日本の経済や生活を支える東京港では、多くの人が働き、暮らしています。国内外から訪れる臨海副都心など、東京臨海部の歴史や現在の姿や未来を紹介する施設です。
【オススメ度】
※次回訪問時更新

【開館時間】
10:00~18:00
【休館日】
月曜日・年末年始
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「テレコムセンター駅」下車、徒歩約1分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「東京テレポート駅」下車…徒歩約15分
【入館料】
無料

【公式HP】

有明エリア

水の科学館

東京都江東区有明3-1-8
TEL:03-3528-2366

【見どころ】
「水」と「水道」の大切さを科学の視点で教えてくれる体験型ミュージアムです。シアターやクイズ、映像、実験などを通じて水の作り方や性質を学ぶことができます。水遊びができる「アクア・パーク」など、子供が楽しめるスポットが盛りだくさん。実際地下にある「有明給水所」の見学ツアーも必見です!たくさんの親子で賑わっている施設。長時間滞在できて、楽しめるスポット。オススメです!
【オススメ度】
★★★★★

【開館時間】
9:30~17:00(入館は16:30)
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12/28~1/4)
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「東京ビッグサイト駅」下車、徒歩約8分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「国際展示場駅」下車…徒歩約8分
駐車場は団体のみ
【入館料】
無料

【公式HP】

虹の下水道館

東京都江東区有明2-3-5
有明水再生センター5階
TEL:03-5564-2458

【見どころ】
下水道の役割や水環境の大切さを楽しみながら学べる施設。何種類かの上映がある「レインボーシアター」を見たり、館内の情報、展示は、子供が上手に学べるようにクイズ形式になっていて飽きさせません。お風呂やトイレなど実際の生活排水が実際どのように下水道に伝うか試すことができる楽しい体験も。当初、施設に対して「下水道」の地味なイメージでしたが、子供が一番楽しんでいた施設!現在休止されているお仕事体験もやってみたいですね。
【オススメ度】
★★★★★

【開館時間】
9:30~16:30(入館は16:30)
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12/29~1/3)
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「お台場海浜公園駅」下車、徒歩約8分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「国際展示場駅」下車…徒歩約12「分
【入館料】
無料

【公式HP】

パナソニックセンター東京 バーチャルショウルーム

東京都江東区有明3-5-1
03-3599-2600

【見どころ】
パナソニックのグローバルな総合情報受発信拠点です。公共施設ではありませんが、1階のショウルームへの入館は無料です。オリンピック・パラリンピックの競技(期間限定)、日本の文化や、SDGsへの取り組みを、ワークショップや情報パネルを使って楽しく体験させてくれます。企業の施設なので設備が最新で、ガイドの方が親切にアテンドしてくれるので、気持ちよく楽しめます!東京オリ・パラ期間までは、施設内で「ボッチャ」を楽しむことができました!これで無料は嬉しいです。未就学児でも十分楽しめます。
【オススメ度】
★★★★★

【開館時間】
10:00~18:00
【休館日】
月曜日、年末年始
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「有明」下車、徒歩約3分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「国際展示場駅」下車…徒歩約2分
【入館料】
無料

【公式HP】

AkeruE(アケルエ)

パナソニックセンター東京内(2.3階)
【見どころ】
パナソニックセンターの2.3階に併設されている「学び」と「モノ・コトづくり」の双方を体験できる施設です。3階では、大人も子供も、音や光など様々なテクノロジーやアートを組み合わせた体験展示物に夢中!クリエイティブ動画作成体験や創作コーナーなど、700円で2~3時間十分に遊べてしまいます。2階には、図書コーナーや、工作などを楽しみながら親子でゆったりできる交流スペースもあります。年間パスポートが2,000円なので、子供が0から「考える」「創造する」ことを何度も体験させたい施設です!
【オススメ度】
★★★★★★

【開館時間】
10:00~18:00
【休館日】
月曜日、年末年始
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「有明」下車、徒歩約3分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「国際展示場駅」下車…徒歩約2分
【入館料】
一般(小学生以上):700円

【公式HP】

防災体験学習施設 そなエリア東京

東京都江東区有明3-8-35
TEL:03-3599-2600

【見どころ】
地震災害後の支援が少ない時間を生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアー「東京直下72hTOUR」を中心とした防災体験学習施設です。首都直下地震特設コーナー、地震発生後を生き抜くヒントや備えたいグッズの紹介も。首都直下地震発生時に緊急災害現地対策本部の候補地となるオペレーションルームも見学できます。
【オススメ度】
※次回訪問時更新

【開館時間】
9:30〜17:00(入場は16:30まで)
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始
【アクセス】
新交通「ゆりかもめ」
「有明」下車、徒歩約2分
東京臨海高速鉄道りんかい線
「国際展示場駅」下車…徒歩約4分
駐車場無し
【入館料】
無料

【公式HP】

スポンサーリンク

豊洲エリア

ガスてなーに、ガスの科学館

東京都江東区豊洲6-1-1
TEL:03-3534-1111

【見どころ】
「ガス・エネルギー」の特長や、SDGsや地球温暖化(または気候変動)、フードマイレージなど社会の課題について、体験しながら考え、楽しみながら学ぶ施設です。施設が新しく、楽しいワークショップもたくさんあるので、幼稚園年中くらいから、子供と何度も飽きずに訪問しています。屋上庭園もあり、長い時間楽しめる施設。子連れで豊洲に行かれたときは、訪問することをお薦めします!
【オススメ度】
★★★★★

【開館時間】
10:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始・施設点検日
【アクセス】
「豊洲」駅徒歩約6分
駐車場40台、無料
【入館料】
無料

【公式HP】

潮見エリア

江東区環境学習情報館 えこっくる江東

東京都江東区潮見1丁目29-7
 03-3644-7130

【見どころ】
ゴミ処理問題、フードマイレージなど環境問題を、パネルや展示物、ゲームやクイズコーナーを通じて、楽しく体感しながら学べる学習施設です。2階では、興味のあるテーマを図書や資料で調べたり、環境学習プログラムに参加することができます。施設が少し古くなっていますが、あらためて大人も勉強になります。1時間もあれば見学できてしまうので、隣の「東京スイソミル」とセットで訪問すると良いでしょう。
【オススメ度】
★★★

【開館時間】
午前9時から午後5時(常設展示室は午前9時30分から午後5時、入館は午後4時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、その日以後、直近の休日でない日が休館)、年末年始(12月28日から1月4日)
【アクセス】
JR京葉線・JR武蔵野線「潮見」駅下車 西口出口から徒歩12分
東京メトロ有楽町線「辰巳」駅下車 2番出口から徒歩20分
駐車場4台、無料
【入館料】
無料

【公式HP】

東京スイソミル

東京都江東区潮見1-3-2
TEL:03-6666-6761

【見どころ】
「水素エネルギー」について、体験やタッチパネルによるクイズをしながら学ぶことができます。2階では、実際に自転車を使って水素エネルギーを発電したり、水素ステーションでの作業を体験して学ぶことができます。日頃の生活では、あまり触れないテーマですが、ガイドの方が色々親切に教えてくださるので、私が一番勉強させてもらいました。1時間程度で見学できてしまいますが、行って良かったと思いました。
【オススメ度】
★★★★

【開館時間】
開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
月曜日、年末年始
(12月28日~1月4日まで)
※月曜日が祝日の場合は開館し、その翌日が休館となります。
【アクセス】
「潮見駅」より徒歩8分
東京メトロ「辰巳駅」より徒歩20分
【入館料】
無料

【公式HP】

新木場エリア

東京都夢の島熱帯植物館

江東区夢の島2-1-2(夢の島公園内)
TEL:03-3522-0281

【見どころ】
映像ホールや情報ギャラリー、イベントホールで植物や熱帯についての知識を得て、熱帯植物と人間生活との関わりが学べる施設です。緑にかこまれた大温室では、さまざまな熱帯植物と、植物が生みだす風景の中で、珍しい植物鑑賞をしながらゆったり過ごすことができます。季節によってイベント(圧巻の大カボチャによるハロウィンイベントなど)も開催されています。
【オススメ度】
★★★★

【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時までとなります)
【休館日】
月曜日(祝日の場合は翌日) 12月29日~1月3日
【入館料】
一般/250円 65歳以上/120円 中学生/100円

【公式HP】

第五福竜丸展示館

江東区夢の島2-1-2(夢の島公園内)
TEL:03-3521-8494

【見どころ】
昭和29年、操業中にビキニ環礁でアメリカの水爆実験の被害をうけた、マグロ漁船第五福竜丸。核兵器の恐ろしさを後世に伝える貴重な木造船として資料や写真とともに展示館に保存、展示されています。
【オススメ度】
★★★

【開館時間】
午前9時30分~午後4時
【休館日】
月曜日(祝日の場合は翌日) 12月29日~1月3日
【入館料】
無料

【公式HP】

公園内には、他にも、BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館には温水プール(有料)や、東京夢の島マリーナ、バーベキュー広場もあり、広く楽しめる公園として楽しく過ごすことができます。

夢の島公園
【アクセス】
東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線、『新木場駅』下車、徒歩13分
都営バス「夢の島」バス停下車、徒歩5分
駐車場あり

最後に

他にも無料(一部有料)で楽しめる施設としては、青海に「トヨタ」の情報発信施設「メガウェブ」がありますが、お台場の再開発を受けて残念ながら21年12月に閉館が決まっています。

また、豊洲、青海にある、デジタルアートミュージアム「チームラボボーダレス」は、体験したことのないような魅惑的なワクワクする施設ですが、ちょっとお金がかさみます。でも1度体験すると忘れられない、何度でも行ってみたくなる施設!

以上になります。

2021年9月現在、「東京オリンピック・パラリンピック」やコロナ禍による「緊急事態宣言」を受けて営業を自粛、縮小している施設が目立ちますので、電話やHPで確認してから訪問すると良いと思います。

引き続き、墨田区、葛飾区、足立区、江戸川区の楽しめるスポットもまとめていきます♪

Twitterでフォローしよう