「モゲチェック」とは、住宅ローンに関する一括比較など、総合的なサービスを提案してくれる住宅ローンのポータルサイトです。

モゲチェック
【公式サイト】
https://mogecheck.jp/

今回、5回目の買い替えをするにあたり、自分が購入する物件に買い替えられる住宅ローンがあるか、住宅ローンのオンライン提案サービス「モゲレコ」を使ってみました。

事前に準備するものは、購入する物件と金額。決まってなければ、およその購入予定金額と、諸費用は物件価格の5%程度の仮定でOK(関連記事)。

あとは特に難しいものを準備する必要はなく、自分が把握している情報で事足ります。

使ってみて感じたメリットとデメリットを共有します。

モゲチェック メリット

無料で簡単

サイト上でアカウントを登録し、必要最低限の購入情報を入力するだけ、5分程度で完了します。システムがしっかり設計されていて煩わしくありません。夜間入力しておけば、翌日の午前中には「住宅ローン比較」の提案結果が送られてきます。

初めての人には効率的に目安がわかる

住宅ローンを比較する際、たくさんある金融機関の金利など特徴や優劣を比較するために0から色々調べだすと相当な手間がかかりますが、「最安値の住宅ローン」とか「付帯サービスを重視」などを入力しておけば、その人の条件に適った幾つかのプランを提示してくれるので、簡単に目安がわかります。大体、ネット系1~2社と、最大手の金融機関1~2社程度。

AIによる融資承認確率を知ることができる

最低限の情報で、ローンが通る確率をある程度正確に教えてくれます。実際に私が30%と出たローンは結果通りませんでしたw。ここは結構重要なポイントで、他の一括比較サイトでは、結果を出すために、勤務先など多くの情報を提供しなくてはならず、入力だけで30分もかかってしまい大変でした。

無料で何度でも相談できる

チャット方式で、疑問点など何でも相談に乗ってくれます。過去のやりとりも踏まえて話してくれ、対応も親切です。承認確率が悪くても、それで終わらせずに、審査が通るために何をすべきか代替案もくれます。

個別にカスタマイズされた提案をしてくれる

私の場合は、買い替えというハードル付きでした。先の比較サイトで以前審査した際は、お手上げの感がありましたが、モゲチェックからは、Wローンや後売りで対応してくれる金融機関の提案がありました。

金融機関の仮審査まで誘導してくれる

そのまま、金融機関の仮審査ページに誘導してくれるため、1件くらいは仮審査を通してみても良いでしょう。もし購入先が決まっていなくても、目星の売出し物件を仮で入力して審査を通しておくと、後で実際に商談が詰まってきたときに、審査結果が目安になって役立ちます。

契約特典がある

モゲチェック経由で審査を受けた金融機関と契約すれば、特典がもらえます。私の場合、「コロナ保険」(コロナウィルスに感染したときの休業補償など)の特典付きでした。

以上、メリットを述べてきましたが、デメリットも。

モゲチェック デメリット

全てを網羅しているか不明

私のように買い替えなど条件があったり、経験がある場合は、このシステムだけは物足りませんでした。自分であたりを付けて金融機関に頭を下げに行ったり、個別デベロッパー経由で相談したりした方が話が早く効果的でした。

条件が1番良いか不明

一次取得者にとっても、モゲチェックの結果が最良かは不明です。例えば、規模数がある大手の新築マンションなどは、条件面で金融機関と優遇措置を握っていることがあるため、デベロッパーに任せた方が条件が良いケースもあるでしょう。

まとめ・最後に

一次取得者が、住宅ローンを何も知らないところから調べると大変です。5分程で入力すれば、代表的な金融機関の金利や返済総額の比較ができて便利なので、住宅ローンの相場をおよそ把握するために、1度は利用しておいて損はありません。

特に、中古物件を検討している時は、早めに住宅ローンに当たりを付けておくことが大切ですから、このサービスは効果的だと思いました。

モゲチェック
【公式サイト】
https://mogecheck.jp/

Twitterでフォローしよう